時間を見るだけでなく、アクセサリーとして時計をつける人は多くいます。自分に合ったラグジュアリーウォッチを探しましょう。

時計選びの豆知識

アクセサリーとしての時計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本人のほとんどが携帯やスマートフォンを持っています。
ですから、時間をそれらの電子機器で確認するという人は少なくないでしょう。
今や、時間を知るための時計はあまり必要とされていないのかもしれません。
しかし、時間を見る必要がないからと言って、時計の需要が低くなっているわけではありません。
なぜなら、時計にはアクセサリーとしての役割もあるからです。
時計が腕についていると、それだけで腕が細く見えることがあります。
また、時計の色と靴や鞄の色を合わせることによって、全身が上手くコーディネートされるようにすることもできます。
ですから、おしゃれを楽しみたいと思っている人にとって、時計は今でも大切なアイテムの一つなのです。
ではどのような時計をアクセサリーとして付けることが出来るのでしょうか。
重要なのは帯部分の質と色かもしれません。
女性の場合は文字盤部分が腕の内側にくるように時計をつけるのが一般的なマナーです。
ですから、文字盤部分よりも帯の部分の方が人目にさらされることが多いでしょう。
その点を考えると、帯の質感と色がじゅうような役割を担っているということが分かります。
帯の色は肌の色に合わせて選ぶことが出来ます。
色黒の人は、ワインレッドやホワイトなどの色が冴えるかもしれません。
一方で、色白の人は、水色や黄色などの淡い色が似合うかもしれません。
実際に購入する際には帯の色を自分の肌に近づけて、合うかどうか試して見ましょう。
また、色だけでなく太さも印象を大きく左右するので重要です。
腕の細い人は、細めの帯を腕が太めの人は太目の帯を選ぶと良いかもしれません。
時計専門店へ行けば様々な幅の帯が売っていますから、これもやはり実際に手首に当てながら選ぶと良いでしょう。
帯以外にも、文字盤部分の形と金属の種類に注目することが出来ます。
アクセサリーとしてつけるのですから、ピアスやネックレスなど時計以外のアクセサリーとも共存できるよう、金属の種類を選びましょう。
シルバーのネックレスやピアスをよく見につける人は、時計も金属部分がシルバーやプラチナのものを選ぶと良いかもしれません。
そして、文字盤部分の色は帯の色と喧嘩しないよう、程よい薄めの色を選ぶと良いでしょう。
ぜひあなたもアクセサリーとして時計を選んでみてはいかがでしょうか。
高級ブランドの中にもラグジュアリーウォッチと呼ばれる、アクセサリーとしての役割を重視した時計があります。
参考にしてくださいね。

比べてお得!

Copyright (C)2017時計選びの豆知識.All rights reserved.